読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある国浪の凹凹日記

111回医師国家試験に落ちたので112回合格せなばなるまい。

モチベーション維持のため、ランキングに参加させていただいてます。

よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

落ちたその時から

どうも。「凹みがちパスカル」です。(本日3回目)

 

4月になる前に、3月中の記憶は残しておきたい、と思い、無理やり投稿している次第です。

アウトプットの練習にもなるかなと。

 

さて、合格発表の後の話の続きを。

 

さすがに、発表当日はしんどかったです。

周りの友達のほとんどは「受かった!」「やったー!」という喜びの声をあげているので、わかってはいても、凹みます。

そして、自分自身が明るい未来に進めないという漠然とした不安に包まれ、「どうしよう」としかいえない気分になりました。

 

でも。

落ちた、とわかったその時から、

112回国試に向けて、カウントダウンが始まっています。

気持ちの整理がつかなくても、時間は容赦なく過ぎていく。

予備校は、待ってましたと言わんばかりに説明会や相談会を開催します。

 

漠然とした不安から逃げるかのように、翌日から予備校の説明会や相談会に行きました。

ふさぎ込まないように、行動することが大事。

 

予備校の説明会や相談会に行くと、当然ながら「国試に落ちた人」が集結します。

もう吹っ切れた顔の人、まだ信じられないという顔の人、わかってはいたけど落ち込んでいる人、明るく振る舞おうと笑顔の人…。

その中に、同級生もいました。成績がよかった人もいて、本当に国試は何が起こるかわからないんですね。

 

冷静に4月からのことを考えると、やはり予備校に通うか宅浪するかで迷ってきます。

費用面のことを考えれば、圧倒的に宅浪です。

しかし、宅浪で自己管理できて計画を立てることができて弱点も克服できて、さらに112回の新ガイドラインにも対応できるなら、正直111回で受かったと思うんですよね…。

 

ということで、4月からは予備校に通う予定です。

 

次は、予備校の比較とか、お話したいと思います。

 

モチベーション維持のため、ランキングに参加させていただいてます。

よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村