とある国浪の凹凹日記

111回医師国家試験に落ちたので112回合格せなばなるまい。

モチベーション維持のため、ランキングに参加させていただいてます。

よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

必修って大事

どうも。「凹みがちパスカル」です。

春らしくなったというのか、暖かいんだか肌寒いんだかわからない気候ですね。

 

今日は、待ちに待った講義が始まりました!

しかも、初回からKSR先生ですよ!

…去年度はサマライズやラスメでお世話になりました(泣)

今年度最初の講義は、111回の必修の解説講座から。

111回は、必修が荒れた年だったようです。

自分の周りでも、

「一般と臨床が余裕だったのに、必修だけギリギリアウトで泣いた」

という人が多く、本当に意外な人が落ちてました。

自分は先日の記事の通り、全部ギリギリアウトみたいなものだったので何とも言えませんが。

必修がどれだけ大事か、ということを示す講座ですね。

ただの知識問題、というわけでもなく、経験したことがないような実戦的な内容が盛りだくさんです。

KSR先生の豊富な経験と巧みな話術、最高です。

 

国浪の先輩ブロガーひゃくとん氏も言ってましたが、

「どうしても、病態や疾患の根幹の部分をおろそかにして、細かい知識を詰めようとしてしまう」

という傾向が、特に浪人生は強くなりがちですね。

一般臨床で点が取れないのはさすがに知識不足だと思います(汗)

ですが、必修においては、細かい知識というより臨床医の視点、研修医になったとき動けるか、ということを鋭く聞いている、ということを意識しなければいけないようですね。

 

明日は解剖生理講座があります。

解剖生理(特に生理学)を疎かなままにしていたために病態・疾患その他までぐちゃぐちゃだったと言っても過言ではありません(苦悶)

五月病にならない程度に気合入れてやります!

 

モチベーション維持のため、ランキングに参加させていただいてます。

よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村